ライセンスを付け替える方法

この記事では、ユーザーのライセンスを付け替える方法を紹介しています。

ライセンスの付け替え機能は、「まとめ買いしたライセンス数を減らすために、別途少ないライセンス数で再購入した場合」「支払い方法を途中で変更した場合」などに使うと便利です。

ライセンスを付け替える方法

手順1.

オーナーで文賢にログイン後、右上の①アイコンをクリックして表示されたメニューの②ライセンス管理をクリックする。

画像:アカウントメニューからライセンス管理

手順2.

これまでに購入した、有効なライセンスが表示されていることを確認します。

画像:ライセンス一覧

※初期状態では有効なライセンスのみが表示されています。
すべてをクリックすると失効したライセンスも含めてすべて表示されます。

取得ライセンスをすべて表示
手順3.

「ユーザー管理」内の、ライセンスを付け変えたいユーザーの名前をクリックします。

画像:ライセンス管理の画面からユーザー名をクリック
手順4.

「割り当てるライセンス」をクリックして、変更先ライセンスの注文IDを選択します。

画像:ライセンスの注文IDを変更
手順5.

変更を保存を押せば、ライセンスの付け替えは完了です。

画像:変更を保存

2022年10月11日のアップデートで、ライセンスの一括操作機能が追加されました。
詳しくはこちらのお知らせ記事をご確認ください。

【絞り込み表示機能】
①購入したライセンスの各行をクリックすると、該当するライセンスを割り当てているユーザーの絞り込み表示ができます。
(解除する場合は②内の×をクリックします)

画像:注文IDによるライセンスの絞り込み表示

※【注意】 失効したライセンスに紐付くユーザー情報は60日後に削除されます
有効期限が切れ、失効したライセンスに紐付いているユーザーは、以下の画面表示となります。

画像:失効ユーザー
画像:失効ユーザーの注意文表示

この状態のまま60日が経過すると、ユーザー情報およびユーザーのカスタム辞書が削除されます。
ユーザー情報を保持したい場合は、60日以内に有効なライセンスへの付け替えを行うか、辞書データをエクスポートして保存することをオススメします。

この記事は役に立ちましたか?

「いいえ」を押すと、ご意見フォームが表示されます

ご回答ありがとうございます。
申し訳ありません。

よろしければ、役に立たなかった点を教えていただけませんか?

    ページ上部に戻る